自治体様向け企画

タイの大学日本語学科による文化祭(U BOOTH / 日本文化祭)

自治体様向け企画

タイの大学日本語学科学生が展開する地域PRブースにご協賛ください

「タイの大学日本語学科学生による文化祭」では、日本の「都道府県(および地域)」をテーマにタイ人大学生が文化祭を実施、大学生の目線で来場者に向けてPRします。

タイの大学日本語学科17大学の学生が制作したブースPRビデオをご紹介

「北海道」ブースをPRする
キングモンクット・ラカバン大学生

「十勝」ブースをPRする
スアンスナンダ・ラジャパット大学生

「東北」ブースをPRする
ラジャマンガラ・テクノロジー・ラタナコシン大学生

「みなかみ」ブースをPRする
ランシット大学生

「秋葉原」ブースをPRする
タイ日工業大学生

「須崎」ブースをPRする
カセサート大学生

「沼津」ブースをPRする
サイアム大学生

「静岡」ブースをPRする
シーナカリンウィロート大学生

「大阪」ブースをPRする
ブラパ大学生

「尼崎」ブースをPRする
チュラロンコーン大学生

「神戸」ブースをPRする
チャンカセム・ラジャパット大学生

「山陰」ブースをPRする
ラジャマンガラ・テクノロジー大学生

「広島」ブースをPRする
タマサート大学生

「関門」ブースをPRする
スィーパトゥム大学生

「福岡」ブースをPRする
アサンプション大学生

「佐賀」ブースをPRする
シラパコーン大学生

「熊本」ブースをPRする
パンヤピワット大学生

大学数は17大学、すべて日本語を勉強している学生です。
日本からの一方的な押し売りではなく、学生が一緒になってブース設営もすることで、
貴地域に対する愛着を持つタイ人大学生を味方につけてのPR活動が可能です。

タイ人大学生を味方につけてタイでのPRができます

1.タイの日本語学科の大学生が日本の地域をテーマにブース出展

ブースの企画、装飾、当日の運営まで、学生主導で行われます。

2.タイ人大学生にアンケート調査

一緒にブース出展するタイ人大学生らにアンケートを実施、日本観光に期待することなど生の声をきくことができます。

3.タイ人大学生が地域PRの動画を作成、YouTubeで配信

貴地域のPR動画を大学生が作成し、YouTubeなどのSNSで配信。貴地域のPRに貢献します。

4.現地旅行会社との現地旅行会社とのビジネスミーティング

タイ現地旅行会社(20社程度)とのビジネスミーティングの場を用意致します。
タイ人大学生が貴地域の紹介をタイ語で伝えます。

5.大学生と共に的確な情報提供

「目的別」に各ブースに導けるよう、案内を設置します。

※2017年は協賛をいただかず、当イベントで地域を選択させていただき、大学生に実施してもらいました。

出展者の声

ビジネスミーティング、販路開拓、進出支援の機会もあります。

ブース出展によりタイ人一般消費者へのアプローチにより反応を見つつ、
別室にてタイの日系百貨店をはじめ、現地旅行代理店、飲食関連企業などとのビジネスミーティングの場を用意しています。
商品や観光地等を現地企業へ売り込む場として最適です。
また、商品を扱う企業向けに、輸入代行などのサービスを一貫して提供します。

ステージ利用について

メインステージ

ミニステージ

すべての演目を録画しています

メインステージ、ミニステージ共に、すべての演者のパフォーマンスは録画しています。
(ご希望に応じて素材をお渡し致します。)
YouTubeやSNSでの拡散に活用いただけます。

ステージ申込締切日 : 2018年6月30日

参加費用

Uブース(大学文化祭)への協賛を含めて、参加形態を選べます

自治体様への特別プランです。日本文化祭への協賛、出展、またはその両方から選択できます。出展いただく場合は、通常の出展料に以下の④~⑥が含まれます。

ブースについて

・大ブース4ブース以上で、躯体なし(スペースのみ)のお申込みも可能です。(1ブースにつき5,000B引き)
この場合のブース内の電力(コンセントも含まれません。ブース施工会社に電力を含めてご依頼いただきます)

・最大10ブース(5コマ×2コマ 15m×6m)までフロア面積を使用できます。この場合、4方向が通路となります。8ブースまでのご利用では3方向が通路となります。

・ブースイメージ図では2面が壁面になっていますが、ブースの位置により壁面の数は2~3つとなります。

出展申込締切日

最終締切日 : 2018年7月31日

ブースが完売した場合は、その時点で締め切らせていただきます。